Home > AJたまがわブログ > 2017BRM225鴨川200試走レポート(佐久間)

2017BRM225鴨川200試走レポート(佐久間)

AJたまがわスタッフ末席の佐久間です。

2/11(土)に試走して来ましたのでレポートします。

AJたまがわ会員の<笹岡さんが詳細なレポート>をアップしていいますので、そちらを参照して下さい。

昨年よりも登り多めなので注意してください。
ルートラボで2600m超、Garminの実測で2400m近く登ることになります。前半より後半の方が登坂量が多くなります。ペース配分を十分に考えて走ってください。

試走当日の気温は以下の通りです。この日は朝0℃、昼12℃夕方のゴール付近が2.5℃ぐらいでした。
登りは多めですが、昨年より3週間ほど早い開催になりますので、しっかりと寒さ対策が必要です。
 

ウェアについて


・機能性インナー
・アンダーアーマー コールドギア
・ウィンドストッパー(冬用、MTB)
・ゴアテックグローブ+インナーグローブ(登りや気温があがるとインナーだけ)

・ウィンドストッパー(冬用)
・FineTrackソックス+ウールソックス
・冬用シューズカバー

寒さ対策に白金カイロ。
(自分はわりと薄着だと思います)
 

試走のペースについて

試走の時の通過時間は以下の通りで、トータル12時間9分でした(カッコ内マージン)。
スタート 船橋港親水公園 07:10
PC1 ミニストップ市原田尾店 09:43(1:03)
PC2 ファミリーマート鴨川和泉店 12:16(1:10)
PC3 セブン-イレブン上総長南店 16:27(1:03)
ゴール ヤマザキデイリーストア船橋高瀬町店 19:19(1:21)

初心者の方のペース配分としては、
start-PC1 マージン30分程度を目途
PC1-PC2 最初のマージンを使いきって、ぎりぎりでもOK
(PC2で30分から1時間ぐらいマージンがあるとゆっくりと昼食が食べられます)
PC2-PC3 時間いっぱいでもOK
PC3-Goal 少しアップダウンがありますが、秋元牧場を超えてしまえば下り基調で通常追い風になりますので、PC3で多少休憩しても大丈夫です。

今年のコースのキモはPC2からPC3の区間になります(ちょっと登りが弱い初心者にはキツめ)。中盤から後半にかけてアップダウンが脚に堪えますが、PC3を抜けてしまえれば淡々と走れば完走が見えて来ると思いますので頑張ってください。
 

コースについて

スタートはいつもの船橋親水公園です。(→行き方ガイド)転倒などの危険防止の為展望デッキには自転車で入らないようお願いします。

スタートしてNo.3-No.4の冷凍団地の部分はトラックが一車線を塞いで駐車してます。また曲がり角にキャッツアイがありますので十分に注意して進んで下さい。
P3180065

帰りもゴールからゴール受付の間に同じルートで戻ってきます。暗くなってトラック多めで、路面が荒れていますので注意してください。
先日のBRM101でもキャッツアイに乗って落車して怪我をした方もいますので注意してください。

スタートからPC1までの間であまりがんばりすぎないように。No.24を超えてPC1までの間、路肩に砂が浮いていました。注意してください。PC1はこの近くにコンビニがないためトイレがいつも渋滞気味です。イートインが8席ほどありますので、周りを状態を見ながら使って下さい。

試走の当日は前日の夜に冷たい霙が降り、早い時間のPC1からPC2の間の日陰の部分は凍結していました。当日の天気にもよりますが、車の状態を見ながら路肩から少し余裕を持って走ったほうが安全だと思います。
IMG_20170211_104551

当日天気が良ければ、大福山手前ぐらいでこんな眺望が見えるかもしれません。
00000IMG_00000_BURST20170211105219_COVER

No.35の手前のダートはこんな感じ。当日は少しぬかるんでいました。
23Cなどの細いタイヤの人はサイドカットに注意してゆっくりと進んでください。
IMG_20170211_110949

いつも通り大福山の下りのグレーチングには穴があります。鴨川200ではグレーチング見たら徐行!でお願いします。
00000IMG_00000_BURST20170211110641

鴨川有料のゲートを超えるまで少しアップダウンが続きます。少し我慢で進みましょう。ゲートを超えれば後は下りでPC2に到着です。

自分はPC2はレシートを取るだけでその先2kmぐらい先のすしたつ美で昼食のしました。まさに花より団子(笑)まわりのグルメポイントの鮮魚池田、まるよ西条店、山田屋食堂よりも空いていますので穴場かもしれません。あまりここであまり食べ過ぎないように直ぐにがっちり登りになります(笑
P2110088
参考:すしたつ美
 

No.26からの登りはきついですが、淡々といきましょう。ここから先の下りは道幅が急に狭くなります。前方がブラインドコーナーになっているところもありますので注意をお願いします。

今回の主催の竹原さんも激坂有段者(?)なので当然普通には通らいない戸面蔵王林道も登ります。(坂そんなにいりませんがな。。。)
路肩に落ち葉があった滑りやすいので登りも下りも注意が必要です。初心者だとXXを超えたぐらいで脚が売り切れていかもしれません。PC2からPC3の後半に細かいアップダウンがあります。そこを考えて体力を温存してください。ここを抜けられるかどうかが完走へのポイントになると思います。
IMG_20170211_141229

No.53からラスボスに近い激坂地帯にはいります。最大斜度12%ぐらいあります。距離はそれほどありませんのでなんとか登りってください。ここを下って、またユートピア笠森の登りきれば後は下りです。PC3までまでもう少しです。

PC3の気温がこの日で3.3℃ぐらい。PC3にはイートインがありません。外でまったりするには少し寒いかもしれません。登り区間は暑くなりますが、日が落ちると急に気温が落ちてきます。ウェアには一考を。

PC3を超えて、最後のミニボスの秋元牧場を超えれば後は下り基調のコースにはいります。手前は7%、奥は11%の登りです。距離は300m程なので脚が売り切れていたら押し歩きでも時間には余裕があると思います。
00001IMG_00001_BURST20170211165856

No.66から先は市街地です。夕方に入り周りも暗くなり車両が多くなりますので注意をお願いします。ライトは早めの点灯をお寝します。
ここまでくればゴールは見えてきたもの、初心者だと時間にそれほど余裕がないと思いますが、安全第一でお願いします。

鴨川200は今年で3回目になりますが、一番登りが多いBRMとなります。初めて200kmを走る方にはかなり厳しいコースだと思いますが、200kmの経験者なら完走できるコースだと思います(当日の天気にもよりますが…)。頑張って完走してください。

船橋親水公園のゴール受付で皆様をお待ちしています。

以上


Home > AJたまがわブログ > 2017BRM225鴨川200試走レポート(佐久間)

検索
フィード

Return to page top